Skip to content →

日本語

樋口洋子

理化学研究所 脳神経科学研究センター 研究員

キーワード
潜在学習,統計学習,視覚的注意

所属学会
日本心理学会,日本基礎心理学会,日本認知心理学会,Vision Science Sosiety

経歴等
2017年9月 京都大学大学院人間・環境学研究科 博士(人間・環境学)
2016年3月 京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程指導認定退学
2012年3月 京都大学大学院人間・環境学研究科修士課程修了
2010年3月 筑波大学第二学群人間学類卒業

研究業績
【論文】
Higuchi, Y., Ueda, Y., Shibata, K., & Saiki, J. (Accepted) Spatial variability induces generalization in contextual cueing. Journal of Experimental Psychology: Learning, Memory, and Cognition

Higuchi, Y., Inoue, S., Hamada, H., & Kumada, T. (2019). Artificial optic flow guides attention in a driving scene. Human Factors: The Journal of the Human Factors and Ergonomics Society. doi:10.1177/0018720819847022

Higuchi, Y., Inoue, S., Endo, T., & Kumada, T. (2019). Task-irrelevant optic flow guides attention in visual search. Attention, Perception, & Psychophysics, 1-19. doi:10.3758/s13414-018-01646-8

Higuchi, Y., & Saiki, J. (2017). Implicit learning of spatial configuration occurs without eye movement. Japanese Psychological Research, 59, 122-132. doi: 10.1111/jpr.12147

Higuchi, Y., Ueda, Y., Ogawa, H., & Saiki, J. (2016). Task-relevant information is prioritized in spatiotemporal contextual cueing. Attention, Perception & Psychophysics, 78, 2397–2410. doi:10.3758/s13414-016-1198-0

【国際学会発表】
Higuchi, Y., Ueda, Y., & Saiki. (2018). Variability influences generalization in implicit learning of spatial configurations. Poster presented at Vision Sciences Society 18th Annual Meeting, May 19th, Florida, USA.

Higuchi, Y., Endo, T., Inoue, S., & Kumada, T. (2017). Task-irrelevant optic flow guides overt attention in visual search. Poster presented at Vision Sciences Society 17th Annual Meeting, May 20th, Florida, USA.

Higuchi, Y., & Turk-Browne, N. B. (2016). Eye movements determine which of multiple regularities are acquired during statistical learning. Poster presented at Vision Sciences Society 16th Annual Meeting, May 15 (13-18), Florida, USA

Higuchi, Y., Ueda, Y., & Saiki, J. (2016). Flexible implicit learning of variable spatial configurations. Talk presented at ’16 annual meeting of Korean Society for Cognitive and Biological Psychology, January 21, Jeju-do, Korea.

Higuchi, Y., Ueda, Y., & Saiki, J. (2015). Variability induces generalization in implicit learning of spatial configuration. Poster presented at satellite symposium of the 38th annual meeting of the Japan Neuroscience Society, Aug 1, Kyoto, Japan.

Higuchi, Y., Ueda, Y., & Saiki, J. (2015). Variability during learning facilitates generalization in contextual cueing. Poster presented at Vision Sciences Society 15th Annual Meeting, May 19 (15-20), Florida, USA.

Higuchi, Y. & Saiki, J. (2014). Contextual cueing effect without eye movements. Poster presented at Vision Sciences Society 14th Annual Meeting, May 20 (16-21), Florida, USA.

Higuchi, Y., Ueda, Y., Ogawa, H., & Saiki, J. (2013). Task sets determine implicitly learned stimulus information in spatio-temporal contextual cueing. Poster presented at Vision Sciences Society 13th Annual Meeting, May 11, Florida, USA.

Tanida, Y., Higuchi, Y., Yano, Y., & Saito, S. (2012). Assignment of accent patterns to nonword items in a rapid reading task by Japanese speakers of the Kansai dialect. Poster presented at Cognitive Science Society 34th Annual Meeting, Aug, Sapporo, Japan.

Higuchi, Y., Ogawa, H., Ueda, Y., & Saiki, J. (2012). Object identities facilitate response to a target in spatio-temporal contextual cuing. Poster presented at Vision Sciences Society 12th Annual Meeting, May, Florida, USA.

Higuchi, Y., Ogawa, H., Ueda, Y., & Saiki, J. (2012). Mechanisms of implicit learning of visual event sequences investigated by eye movement. Poster presented at 10th Tsukuba International Conference on Memory, Mar, Tokyo, Japan.

Higuchi, Y., Ogawa, H., & Saiki, J. (2011). Implicit learning of visual event sequence. Poster presented at 9th Tsukuba International Conference on Memory, Mar, Tokyo, Japan.

【国内学会発表】
樋口洋子, 井上聡, 遠藤照昌, 熊田孝恒 (2018). 課題非関連のオプティックフローが視覚的注意を誘導する. 「注意と認知」研究会第16回合宿研究会口頭発表, 愛知県名古屋市, 3月4日 (4-6日).

樋口洋子, 上田祥行, 齋木潤 (2015). 学習時の変動が潜在学習の般化に及ぼす影響. 日本心理学会第79回大会ポスター発表, 愛知県名古屋市, 9月22日(22-24日).

樋口洋子, 上田祥行, 齋木潤 (2014). 視覚場面を構成する物体群が持つ統計的規則性の潜在学習. 「注意と認知」研究会第12回合宿研究会口頭発表, 愛知県名古屋市, 3月3日.

樋口洋子, 齋木潤 (2013). 文脈手がかり効果の生起における眼球運動の役割. 日本心理学会第77回大会ポスター発表, 北海道札幌市, 9月21日.

【その他】
樋口洋子, 菊野雄一郎, 齋木潤 (2013). 視覚探索課題の成績と主観的精神集中の関係. 京都大学卓越した大学院拠点形成支援国際フォーラム 実践知と教育研究の未来. ポスター発表. 京都, 3月20日
「人間は無意識でも学習する」日本経済新聞(日刊) 2016年10月16日

職歴
令和元年10月~現在 理化学研究所 脳神経科学研究センター 研究員
平成30年10月~令和元年9月 放射線医学総合研究所 研究員
平成29年10月~平成30年9月 名古屋大学大学院情報学研究科 研究員
平成28年4月~平成29年9月 京都大学大学院情報学研究科 特定研究員
平成28年4月~平成29年8月 京都精華大学非常勤講師(視覚認知論)
平成28年10月~平成29年3月 佛教大学非常勤講師(心理学初級実習)
平成27年9月~平成28年3月 こころの未来研究センター オフィス・アシスタント
平成27年6月~平成28年3月 神戸大学大学院国際文化学研究科 技術補佐員
平成26年7月~平成27年5月 プリンストン大学心理学研究科 訪問研究員
平成25年4月~平成27年3月 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
平成24年4月~平成26年3月 大手前大学非常勤講師(心理学実験実習・心理学実験演習)
平成25年7月~平成25年10月 こころの未来研究センター ティーチング・アシスタント(心理学研究法Ⅰ)
平成24年6月~平成24年12月 京都大学大学院人間・環境学研究科 オフィス・アシスタント
平成24年4月~平成25年3月 京都大学大学院人間・環境学研究科 リサーチ・アシスタント
平成22年10月~平成22年1月 京都大学大学院人間・環境学研究科 ティーチング・アシスタント(視覚科学B)

研究助成
2013年度 国際研究集会発表助成. 公益財団法人 京都大学教育研究振興財団
2012年度 日本学生支援機構 特に優れた業績による返還免除(全額免除)