Skip to content →

第56回「魚を食べる子どもはよく眠る」

紹介する論文のタイトルは”The mediating role of sleep in the fish consumption-cognitive functioning relationship: a cohort study”、日本語に訳すと「魚の消費と認知機能との関連における睡眠の媒介的役割:コーホート研究」です。ペンシルベニア大学を中心とするグループの研究で、2017年にScientific Reportsという学術誌に掲載されました。https://doi.org/10.1038/s41598-017-17520-w

Published in 未分類