Skip to content →

第21回「ドラマは思い出をよみがえらせる?」

紹介する論文は、”A role for the self: Media content as triggers for involuntary autobiographical memories”、日本語にすると「自己への役割:自伝的記憶の自発的でない想起に対する引き金といてのメディアコンテンツ」というタイトルです。オハイオ州立大学を中心にするグループの研究で、Communication Researchという雑誌に2015年に掲載されました。http://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/0093650212464771

Published in 未分類