Skip to content →

第20回「共通の記憶に脳のどこが関わるか」

紹介する論文は、”Shared memories reveal shared structure in neural activity across individuals”、日本語にすると「共通の記憶が明らかにする、個人を越えた、神経活動における共通の構造」というタイトルです。ひーとりをこえてゆけ。プリンストン大学を中心にするグループの研究で、Nature Neuroscienceという雑誌に2017年1月に掲載されました。http://www.nature.com/neuro/journal/v20/n1/abs/nn.4450.html

Published in 未分類