Skip to content →

第19回「リズムは信頼の肝心かなめ」

紹介する論文は、”Look, listen and learn: Exploring effects of passive entrainment on social judgements of observed others”というタイトルです。日本語にすると「見る、聞く、そして学ぶ;受動的な同期行動が観察した他者の社会的判断に与える影響を探る」です。イギリスのケンブリッジ大学の研究者らによる論文で、Psychology of Musicという雑誌に2016年5月に掲載されました。http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0305735616648008

Published in 未分類