Skip to content →

第3回「ヒーロー体験をすると人は協力的になる」

紹介する論文は、”Virtual Superheroes: Using Superpowers in Virtual Reality to Encourage Prosocial Behavior”「仮想現実内でのスーパーパワーを使って向社会的な行動を促進する」というタイトルです。著者はアメリカスタンフォード大学のRobin S. Rosenbergらです。PLoS ONEという学術誌に2013年1月に公開されました。http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0055003

Published in 未分類